1/7

ツンドラ地帯の狼、ヤマル

No.T17008

犬工房として第2作目となるフルスーツは、寒いところからやってきた青狼、ヤマルです。オーナーは東京都にお住まいのMasaruさん。「着ぐるみを着たことはないですし、イベントに行ったこともありませんが、好奇心旺盛な性格なので色々なことにチャレンジしてみたいと思いまして」と言いながら、オリジナルデザインのオオカミをオーダーしてくださいました。

いただいたデザイン画はぽっちゃりとした体型でしたが、オーナーさんと相談した結果、すらりとした長身の体型を活かした、シャープなデザインへとアレンジしました。胸筋やVラインを強調した模様、長い尾、キリッとした鋭い眼光などが、切れ味の良い印象を与えています。一方で、顎を少し厚めにしたり、ほっぺの膨らみを大きめにするなどして、極寒の世界を生き抜く力強さも表現しています。

脇から背中にかけてはフェイクファーを使用し、腹や掌などの白い部分には、ふわふわで肌触りのよいボア生地を使用。タテガミには光沢感のあるブライトミックスを使用しています。

​ヘッドシェルは顎開閉機構と、新鮮な空気を供給して3Dアイの曇りも抑える空冷ファンを搭載。唇には本革を使用。耳は折りたたむことが出来ます。

足の裏にはゴムシールで肉球を模した模様を接着。足の裏までふわふわに作られた、室内専用脚も用意しています。

オーナー:Masaruさん(Twitter:@kemohomo)

デザイン:Masaruさん(原案)、歌犬(リデザイン)​

​写真:ジャッキーさん(Twitter:@jackeyfishing